PAGE TOP

小豆沢病院 総合診療専門研修プログラム
日本専門医機構認定

5.学問的姿勢について

専攻医には、以下の2つの学問的姿勢が求められます。
  • ・常に標準以上の診療能力を維持し、さらに向上させるために、ワークライフバランスを保ちつつも、生涯にわたり自己研鑽を積む習慣を身につける。
  • ・総合診療の発展に貢献するために、教育者あるいは研究者として啓発活動や学術活動を継続する習慣を身につける。

この実現のために、具体的には下記の研修目標の達成を目指します。

1)教育

  • 学生・研修医に対して1対1の教育を行なうことができる。
  • 学生・研修医向けにテーマ別の教育目的のセッションを企画・実施・評価・改善することができる。
  • 専門職連携教育(総合診療を実施する上で連携する多職種に対する教育)を提供することができる。

2)研究

  • 日々の臨床の中から研究課題を見つけ出すという、総合診療や地域医療における研究の意義を理解し、症例報告や臨床研究を様々な形で実践できる。
  • 量的研究(疫学研究など)、質的研究双方の方法と特徴について理解し、批判的に吟味でき、各種研究成果を自らの診療に活かすことができる。

この項目の詳細は、総合診療専門医専門研修カリキュラムに記載されています。

また、専攻医は原則として学術活動に携わる必要があり、学術大会等での発表(筆頭に限る)および論文発表(共同著者を含む)を行なうことが求められます。

ただいま専攻医絶賛募集中!

東京都で総合診療医・家庭医として働きたい方を対象に3つのプログラムを用意しています。

医者

ご希望の方法でお問い合わせください

お電話はこちら

03-3966-8411

FAXはこちら

03-3966-0151