PAGE TOP

求める医師像

若手医師

総合診療医・家庭医を目指す後期研修医や若手医師を募集しています

都心部の地域医療をになう病院・診療所をフィールドにして、一人ひとりの患者さんを病棟・外来・在宅などの様々な場面で継続的に診る総合診療・家庭医療を実践しています。

二次救急に対応した一般病棟や地域包括ケア病棟で急性期の治療と在宅調整を行い、退院後は外来や往診にて、慢性期から終末期まで継続的に主治医としてかかわる医療を探求しています。

必要に応じて専門医療機関や開業医、介護・福祉施設とも連携しながら、病棟・外来・在宅などの様々な場面で、一人ひとりの患者さんを「最期まで診る」ことにこだわるのが、都心部の地域医療の醍醐味です。

「病気だけを診る」「入院中だけの主治医」というような医療に飽き足りず、地域のなかで総合性や継続性を発揮したいとお考えの先生を募集しています。

「小豆沢病院 総合診療・家庭医療専門研修プログラム」は、都心部の地域医療をになう病院・診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持ち、人権を守り抜く高い志を持った総合診療医・家庭医を養成するために創設されました。

本研修プログラムは日本プライマリ・ケア連合学会の認定プログラム(ver2対応)であり、研修修了後には家庭医療専門医の受験資格が得られます。

また、一定の経験をつまれたうえで新たなフィールドや医師像を模索されている先生、在宅医療の研修や他科からの転科を希望される先生など、様々なご相談に応じさせていただきます。

小豆沢病院 総合診療・家庭医療専門研修プログラム

都心部の地域医療をになう病院・診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持ち、人権を守り抜く高い志を持った総合診療医・家庭医を養成するために創設されました。

詳細をみる

総合性

「最期まで診る」ことにこだわった総合性と継続性を発揮していただける先生を募集しています

二次救急や地域包括ケアに対応した病棟医療で急性期の治療を行い、退院後は外来や訪問診療にて、慢性期から終末期まで、継続して主治医としてかかわる医療を探求しています。

多職種と力を合わせ、必要に応じて専門医療機関や開業医、諸施設とも連携しながら、一人ひとりの患者さんを「最期まで診る」ことにこだわるのが、都心部の地域医療の醍醐味です。

「病気だけを診る」「入院中だけの主治医」というような医療に飽き足りず、地域のなかで、総合性や継続性を発揮したいとお考えの内科・総合診療科・家庭医の先生を募集しています。

専門性

地域の要求に応えた専門性を発揮していただける先生を募集しています

地域の医療要求に応えるためには、総合診療や家庭医療の分野だけではなく、一定水準の専門科の構築も求められます。内科系の各専門科領域において、サブスペシャルとしての専門性を発揮していただける先生を募集しています。

内科・総合診療科以外の他科領域では、回復期リハ病棟を担当していただけるリハビリテーション科の先生も募集しています。

在宅医療

在宅医療に興味をお持ちの先生を募集しています

都心部の地域医療の現場では、在宅医療の需要の増大とともに「重症化」が進行しています。在宅での人工呼吸器管理や外科的処置、リハビリや緩和ケア、そして看取りなど、重症対応に加えて専門的な知識や技術も必要となり、在宅医療が外来の延長といわれた時代から、入院機能の一部へと変貌しています。

当院では、法人全体で約500件の在宅患者さんを管理しており、若手医師や初期・後期の研修医の教育にも在宅医療を位置づけています。

「重症化」に対応するために、経験豊かな中堅・ベテランの先生や各分野の専門医の先生にも力を発揮していただき、在宅医療を強化したいと考えています。

子育て世代の女性医師にも安心して働いていただけるように、待機当番やオンコール対応のない勤務も可能です。 「在宅医療に挑戦したい」という先生を、経験や世代を問わず募集しています。

【在宅医療に興味のある方へ】外科医として働きながら在宅医療にかかわって

「何か新しいことに挑戦してみたい」「病院の病棟や外来を中心とした医療が今ひとつ物足りない」と感じている先生はいらっしゃいませんか。

ストーリーをみる

所長・副所長
所長・副所長

診療所の所長・副所長を担っていただける先生を募集しています

当院は、法人内に病院・医科診療所(7ヶ所)・訪問看護ステーション(5事業所)・介護老人保健施設・歯科診療所を持ち、法人内のネットワークをいかした医療・介護活動を展開しています。

そして6つの法人内の医科診療所と歯科診療所が在宅医療を重視して訪問診療を行なっています。日中はそれぞれの診療所から訪問診療を行い、休日・夜間の時間帯は小豆沢病院に在宅オンコールに対応する待機医を配置することで診療所長の負担を減らし、法人内の病診連携の力で約500件の在宅患者さんの24時間対応を実現しています。

これらの診療所で、所長あるいは副所長として力を発揮していただける先生を募集しています。

また、家庭医としての活躍の場を探しておられる先生を歓迎いたします。

子育て医師

ワークライフバランスを重視する子育て世代の先生を募集しています

当院では、子育てなどのワークライフバランスを重視して、時短勤務や勤務日数の少ない働き方を希望する先生のために短時間常勤医制度を整備しています。

この制度は、子育て以外にも大学院の進学や親の介護など、様々な事情に対応できる制度となっていますので、まずはお気軽にご相談ください。

【ワークライフバランス】育メン医師が小豆沢病院への転職で得られたこと

専門医である彼が、専門科目を売りにしていない小豆沢病院へ転職となった理由と、転職をしたことによって得られたことについて、紹介します。

ストーリーをみる