PAGE TOP

小豆沢病院 総合診療専門研修プログラム
日本専門医機構認定

1.小豆沢病院総合診療専門研修プログラムについて

現在、地域の病院や診療所の医師が、地域医療を支えています。今後の日本社会の急速な高齢化等を踏まえると、健康にかかわる諸問題について適切に対応する医師の必要性がより高くなることから、総合的な診療能力を有する医師の専門性を学術的に評価するために、新たな基本診療領域の専門医として総合診療専門医が位置づけられました。そして、総合診療専門医の質の向上を図り、以て、国民の健康・福祉に貢献することを第一の目的としています。

総合診療専門医の使命は、日常遭遇する疾病と傷害等に対して適切な初期対応と必要に応じた継続的な診療を全人的に提供するとともに、地域のニーズを踏まえた疾病の予防、介護、看とりなど、保健・医療・介護・福祉活動に取り組み、絶えざる自己研鑽を重ねながら、地域で生活する人々の命と健康に関わる幅広い問題について適切に対応することです。

これらの理念と使命を実現するための総合診療専門研修は、専門研修修了後の成果(アウトカム)として、以下のことが求められます。

  • 1)地域を支える診療所や病院においては、他の領域別専門医、一般の医師、歯科医師、医療や健康に 関わるその他職種等と連携して、地域の保健・医療・介護・福祉等の様々な分野におけるリーダーシップを発揮しつつ、多様な医療サービス(在宅医療、緩和ケア、高齢者ケア等を含む)を包括的かつ柔軟に提供できる。
  • 2)総合診療部門を有する病院においては、臓器別でない病棟診療(高齢入院患者や心理・社会・倫理的問題を含む複数の健康問題を抱える患者の包括ケア、癌・非癌患者の緩和ケア等)と臓器別でない外来診療(救急や複数の健康問題をもつ患者への包括的ケア)を提供できる。
  • 3)具体的な内容として、以下の7つの資質・能力を獲得することを目指す。
    • 包括的統合アプローチ、
    • 一般的な健康問題に対する診療能力、
    • 患者中心の医療・ケア、
    • 連携重視のマネジメント、
    • 地域包括ケアを含む地域志向アプローチ、
    • 公益に資する職業規範、
    • 多様な診療の場に対応する能力

小豆沢病院総合診療専門研修プログラム(以下、本研修 PG)は、上記の理念と使命に則り、求められる成果(アウトカム)の実現を念頭におきなが、都心部の地域医療と地域包括ケアを担う小規模病院、診療所などで活躍する総合診療専門医を養成するために創設されました。

超高齢化が進む都心部において地域医療を担う小規模病院では、高齢者医療と在宅医療への対応力の向上が課題となっています。そして、健康問題を抱えた地域住民が最初に訪れる第一線医療機関として「断らないで診る」ことと同時に、近隣の診療所や開業医と連携して在宅患者の救急・急性期に対応するサブアキュートの医療機能、大規模急性期病院と連携したポストアキュートの医療機能を発揮しながら、介護・福祉を担う諸施設、地域住民や行政などとも連携して、一人ひとりの患者を「最期まで診る」ことにこだわる医療が求められています。

このようなフィールドで働く総合診療専門医は、地域で必要とされる一定水準の病棟医療や2次救急に対応できる病院総合医であると同時に、重症・末期・24時間の対応が必要となる在宅医療を支えるかかりつけ医としての役割も求められます。

本研修PGでは、総合診療専門医として求められる一般的な知識・技術の習得のみならず、医師としての人格の涵養と医療の社会性の理解を深めるとともに、病院や診療所の地域における役割と求められる医療について理解し、そのニーズに応えうる総合的な力量を習得します。

さらに格差と貧困が広がっている地域の現実を前にして、無差別・平等の医療・介護・福祉を創造する志を持った医師、基本的人権を尊重した医療を実践ができる医師、多職種との連携を大切にする民主的なチーム医療を実践できる医師の養成を重視します 。

そのために「地域に出て、地域に学び、地域で育つ」という地域基盤型の教育を取り入れ、WHOが提唱するSDH(健康の社会的決定要因)や HPH(健康増進活動拠点病院)といった医療を社会的にとらえる視点、科学的な変革の視点を身につけることを目指します。

本研修PGの施設群は、小規模病院ながら東京都板橋区において60年間にわたり都心部の地域医療を展開してきた小豆沢病院を専門研修基幹施設(以下、基幹施設)とし、小豆沢病院に隣接して在宅医療を専門に行なう診療所、より地域に深く根ざし外来・訪問診療・健康診断を展開しながら地域包括ケアの最前線の取り組みを行なっている診療所、埼玉県三郷市・千葉県流山市といった首都圏の地域において救急・急性期医療の中心的な役割を果たしている2つの中規模総合病院、山梨県北杜市という「僻地」に位置づけられる地域にある診療所といった5つの専門研修連携施設(以下、連携施設)で構成されています。様々な地域と多様な診療の場を経験しながら、それぞれ施設の特徴を生かした症例や技能を広く学ぶことができます。
本研修PGは、総合診療専門研修Ⅰ、総合診療専門研修Ⅱ、内科、小児科、救急科の5つの必修診療科と、専攻医の希望とともに専門研修の到達度や必要性に応じて選択が可能なその他の領域別の診療科で4年間の研修を行ない、研修期間を通じて週1回以上の外来診療と在宅診療を継続します。

なお、本研修PGにおいては指導医が専攻医の教育・指導にあたりますが、専攻医が主体的に学ぶ姿勢をもつことが大切です。総合診療専門医は医師としての倫理観や説明責任はもちろんのこと、総合診療医としての専門性を自覚しながら日々の診療にあたると同時に、ワークライフバランスを保ちつつも自己研鑽を欠かさず、日本の医療や総合診療領域の発展に資するべく教育や学術活動に積極的に携わることが求められます。

また、研修期間は4年間ですが、育児や介護などの様々な事情に応じて時短勤務や休職を認め、必要に応じて研修期間を延長することも可能です。

ただいま専攻医絶賛募集中!

東京都で総合診療医・家庭医として働きたい方を対象に3つのプログラムを用意しています。

医者

ご希望の方法でお問い合わせください

お電話はこちら

03-3966-8411

FAXはこちら

03-3966-0151