ページの先頭へ戻る

先輩ナースからの
メッセージ

先輩ナースからのメッセージです。

充実した看護ができます

2014年入職 一般内科病棟 弘前医療福祉大学卒

入職当初、私は仕事についていけるのか、環境に慣れる事ができるのか不安がありました。しかし、プリセプターやアソシエイトの先輩方が一から親切に指導してくださり、また精神的なフォローアップも行ってくれ安心して看護に携わる事ができました。後輩の指導には不安もありますが私がしてもらったように丁寧な指導ができればと思っています。

先輩の支えがあり、ここまで成長できました

2014年入職 地域包括ケア病棟 西武文理大学卒

私は入職時一般病棟に配属となり勤務していました。処置などやるべき仕事が沢山あり、当時は大変な毎日でした。そんな中でも、あきらめずにここまでやってこられたのは、プリセプターや職場の先輩方の支えがあったからだと思っています。時には厳しい指導もありましたが、今ではそれが自分の糧になっていると感じ、先輩には感謝して働いています。

患者様の家族や生活背景に目を向けられる看護をめざし、
学ぶ姿勢を持ち続けたい

2014年入職 回復期リハビリ病棟 北里大学保健衛生学院卒

入職1年目は診療所勤務でした。診療所に通院される患者様は、仕事をしながら通院をしている方、高齢での独居生活の方、病気やけがにより通院が困難で訪問診療(往診)を利用している方、様々な患者様がいました。診療所での約1年間で病気だけなく患者様の性格、家族や生活背景にも目を向けた看護を行う事を学びました。2年目からは回復期リハビリテーション病棟勤務になりました。地域や在宅へ復帰を目指すために入院されている患者様がたくさんいます。診療所での学びを活かせるよう、未熟なところもありますが患者様や医師、先輩看護師から学ぶ姿勢を忘れず成長していきたいです。

患者さん中心の医療を提供していきたい

2016年入職 高島平診療所 帝京大学卒

入職1年目は診療所配属となりました。外来の他に往診にも同行し、患者さんの「家はいいね」という言葉を聞くと地域での生活を支援する医療の重要さを感じました。また、配属された診療所はデイケアや訪問看護、訪問介護も併設されているため日常的に情報共有がされており、他職種連携の職場を目の当たりにし、提供される医療がすべて患者さん中心で考えられていることがよく見えるようになりました。病院も患者さんが地域で暮らすための資源の1つであるため、病棟に異動となった後も診療所で培った地域の目を忘れずに、患者さんが希望する生活ができるよう支援していきたいと考えています。

診療所での学びを病棟でも活かしたい

2016年入職 坂下診療所 首都医校卒

一年目は診療所配属になりました。診療所は外来と訪問診療(往診)を行っています。外来という短い時間での中で患者さんの表情や発言を気にかけ接することはとても難しい事ですが、患者さんに日々育てて頂いています。また往診を通して自宅で暮らす患者さんとの関わりも増えました。患者さんがどのように暮らしていきたいのかを知りその希望を実現するために他職種と連携し関わっていくことが大切だと学びました。診療所は看護師としても社会人としても成長できる場所であると思います。病院に異動した時に診療所で学んだ事を活かし在宅につなげていけるよう日々学びたいと思います。