PAGE TOP

小豆沢病院 総合診療・家庭医療専門研修プログラム
日本プライマリ・ケア連合学会の認定プログラム(ver2対応)

指導体制

総合診療Ⅰと総合診療Ⅱの研修を行う施設の指導医は、家庭医療専門医または日本プライマリ・ケア連合学会認定医および指導医を取得した医師が配置されています。特に、中心的な研修施設と位置づけている小豆沢病院と東葛病院には4名の指導医を配置するなど、総合診療医・家庭医を養成する体制と教育環境が整っています。

領域別研修では、それぞれの科の学会専門医から指導を受けます。

それぞれの研修施設が総合診療・家庭医療を地域の中で実践しており、医局が一つのために各専門科へのコンサルテーションの敷居が低く、多職種が参加するカンファレンスを重視しています。

プログラムの基幹施設となる小豆沢病院の指導体制

 

プログラム責任者:一瀬隆広(副院長)  

指導医:佐藤栄三郎(研修委員長)、渡辺航、砂田恒一郎、桑名慶和

一瀬隆広(副院長)