PAGE TOP

小豆沢病院 総合診療・家庭医療専門研修プログラム
日本プライマリ・ケア連合学会の認定プログラム(ver2対応)

小豆沢病院の特色

本研修プログラムを管理する小豆沢病院は東京都板橋区にあり、一般病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハ病棟をもつケアミックスの病院です。

都心部の地域医療をになう小規模病院ですが、二次救急・透析・健診センターなどの機能も持ち、法人内にある練馬第一診療所をはじめとした板橋区・北区・練馬区に展開する7つの医科診療所、訪問看護ステーション(5事業所)、介護老人保健施設、歯科診療所と一体となり、在宅から入院まで幅広く、一貫した医療・介護活動を展開しています。

超高齢化が進む地域に存在する医療機関として、質の高い高齢者医療の構築を目指しながら、「重症化と在宅末期に対応できる在宅医療」「あらゆる場面でリハビリの視点をもった医療」「地域と職域の健康増進に貢献するヘルスプロモーション活動」を重視しています。

また、都内でも有数の生活保護比率とともに、多くの国保料滞納世帯が存在する格差と貧困が広がる地域の中にあって、無料低額診療事業や差額ベッド代を徴収しないことなど、困難な人々に寄り添った医療・介護活動を行っています。

東京・千葉・埼玉の首都圏に広がる研修連携施設と協力して、都心部の地域医療を担うプロフェッショナルを育てることをコンセプトに、高齢者医療と在宅医療に強く、人権を守りぬく高い志をもった総合診療医・家庭医を養成していきます。